塾の主に手っ取り早くなるならフランチャイズという手がある

男女

医療機関の開業を周知する

治療台

地域住民に存在をアピール

新規に開業する歯科医院にとって大きな課題となるのが、いかにして地域の人々に存在を知ってもらうかという点です。医療機関はその業態の特殊性もあって、普通のお店のように「開店セール」などを行うことができません。ましてや歯科医院は予約診療が基本です。用はないけどふらっと立ち寄るなどという人はいません。そのため、特別な機会を設けて存在感をアピールする必要があります。内覧会は、歯科医院の開業を周知するのに最適のイベントとして利用されています。専門のコンサルティング会社もあり、地域の実情に応じた効果的な内容をプランニングしてもらえます。内覧会は、普段は診療目的でしか人が訪れることがない歯科医院を一般に開放し、内部を見学してもらったり、スタッフと交流したりするイベントです。新規開業時が最も多いですが、院長の交代時やリニューアルオープン時などに行われることもあります。歯科医院は街頭や駅のホームなどに広告を掲示することが認められていますが、法律の規制により診療方針や他院との違いなどを宣伝することができません。内覧会は、こうしたアピールを行うための好機となります。そのクリニックならではの特色や設置されている治療機器などを来院者に説明し、独自性を強調することができます。また、住宅地などに開業する場合は、内覧会に子供向けのプログラムを盛り込むのが人気となっています。キャラクターの着ぐるみによるお出迎え、親子そろっての記念撮影、子供向け歯磨き等の粗品進呈などが評判を呼んでいます。